京袋帯

「京袋帯」は、形は袋状ですが長さはほぼ名古屋帯と同じくらい帯です。
名古屋帯は、最初から胴体に巻く部分が半分に折られた状態ですが、京袋帯は半分に折られていません。
自分で折らなければいけないのですが、着付教室の練習用やユニフォーム、街着など、一重太鼓、小紋や紬に最適です。
着付を習うのに名古屋帯の代わりに京袋帯を使っても問題がございません。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

9